テーマ:原子力発電所爆発

大本営のやり方に似てはいないか・・・??

今の政権のやり方が、嘗ての「大本営発表・・・・」に似ている気がしてならない。 とは言っても、戦時中の日本を知っているわけではない私が感じたことだから、勘違いと言うこともあるのだが・・・・。 福島第一原子力発電所の事故とその後の政府や東電の対応と発表の仕方が、国民の方を向いていない感じもするし、管総理大臣が自分のメンツにこだわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原子力発電所1号炉はやはりメルトダウンしていた・・・・・・・!!

昨日のニュースで、やはり1号炉はメルトダウンまで行っていたことが発表された。 何時その事態になっていたかと言えば、極初期の段階であったはずで、建屋が爆発した時にはそこまで進行してしまっていたと言うことだろう・・・・。 それゆえの水素発生、メルトダウンしていたが故にウランが凝集し再臨界し圧力容器に穴が開いた・・・・。 更には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力災害に使えるロボットの仕様を考える。

今日、初めて米国製のロボットが運用されたらしい。 早期より準備は出来ていたと聞いているので、オペレーターチームは長くスタンバイしていただいたと言うことだから、本当に心より感謝したいと思う。 私は一応エンジニアだし、この世界に未だ存在していない装置を設計する事が常だから、今回の原子炉事故で、どんなロボットが必要なのか何度か考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故で、私が不思議だと感じていること。

今回の原発事故で不思議だな~感じたこと。 1.原子力発電所の周辺の地方自治体が独自に放射線量を計測する計測器を保持していないらしく、放射線サンプリングを全く行っていなかったらしいこと。 2.国も東京電力も、周囲に放射線が漏れていることを誰でも知ることが出来る放射線計測装置を常設していなかったらしいこと。 3.多少高価で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原子力発電所まで1.5kmにまで接近した動画。

YOUTUBEの動画で、ガイガーカウンターを持って、福島の退避勧告地の中へ入っていった人の動画です。 福島第一原子力発電所まで約1.5km程の海岸線まで近づいていました。 かなりの放射線量があるようで、被爆の危険も大きい状態です。 今、福島第一原子力発電所からはかなりの放射線が出続けていることが実感できる動画でした。以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗報!強い放射線でも壊れない放射線遮蔽用のコーティング剤が完成していた!

放射線を封じ込め得るシリコン系の高分子コーティング剤が10年ほど前に開発され、チェルノブイリ原発で実験され、その効果と非常に高い耐久性が証明された。 これは「EKOR」と呼ばれ、、モスクワのクルチャトフ一般応用核物理学研究所で、ロシアの科学者たちが作り出したものだ。 EKORの製造と販売の権利は、ワシントンに本拠を置く米ユー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙飛行士の野口さんの被爆量と比較する。

国際宇宙ステーションで長期滞在(163日)した野口さんが受けた放射線量は地上生活をしている人の81.5年分になるそうです・・・。 たった163日でも、地球の大気に守られない宇宙空間では一日に1ミリシーベルトを被爆するのだそうですから、あこがれの宇宙飛行士は、高い放射線被曝と引きかえに宇宙から、この青い地球を見ることが出来るというこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福島第一原子力発電所の内部を撮れるカメラをなぜ設置しないのか?

地震と津波が起きてから、これまで悪化の一途をたどる福島第一原子力発電所だが、放射線量が多いと言う理由からか?画像があまり撮られていない・・・・発表される画像も外からの画像だけで、内部を詳しく見ることが出来る映像などは殆ど発表されていない・・・・。 良く考えてみると、内部の状況をしっかりと把握するために、民生用の市販HVカメラでも良…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発は2009年に大津波への見直しを求められていた!

msnのニュース記事からですが・・・。 この記事が事実であれば、政府も東京電力も責任は大きいと言わざるを得ません。 全ての学者では無いかもしれませんが、研究者はきちんと改善を進言していたことが判明したので、それを真摯に受け止めなかった側には責任があります。 原子力発電所の設計時に、当時の設計技術者側から、万が一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災は想定外の規模が引き起こしたと言って済ませてはならない!!

この未曽有の大災害は人類史上での有数の地震と津波が引き起こした物に他ならないが、それでも我々日本人が、こうした大地震に備えていなかったわけではないのだから、その備えが及ばなかったということを真摯に反省せねばならないだろう。 政府の代表たる内閣総理大臣が度々語る「想定を超えた」という言葉は何を意味しているのだろう。 あらゆる災…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発の放水はアイデア不足!!大型クレーン車を使え!!

昨日から、ヘリコプターと放水車による使用済み核燃料プールに水を注入しようとしているがアイデアが不足していると言わねばならない。 高度の高い空中から水をヘリコプターで落とすやり方も、水圧をかけて空中を飛ばして水をプールに送り込むと言うアイデアも確実性が低い。上手く行く可能性が無いわけではないが、やはり飛び技は精度が低くなる。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

福島第1原発は米国GE製、もともと大きな欠陥が潜んでいた!?

福島第一原子力発電所の爆発事故などの原因やメカニズムなどを書いてきたが、新たな情報を発見した。 Webの記事で読んだが、福島第一原子力発電所の1~5号機は米国のゼネラル・エレクトリック社製なのだそうだ が、40年も以前から、欠陥があるとして廃止すべきという原子力の専門家の指摘があった形式だそうだ。 以下のスクリーンショット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原子力発電所は1967以前の設計?

今日、TVで、この福島第一原子力発電所は1967年に設計されたと知りました。 当時の耐震企画は震度8~9に耐えるように考えられたそうですが、津波の想定はたったの3.7mであったそうです。(襲った津波の波高は7.9mと言われている。) 3.7mの津波が上限と考えていたとすれば、そのデータを作った地震学会などがどうしてそんな低い想定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力発電所爆発までのメカニズムと原因

皆様すでにご存知かと思いますが、今日の午前11時過ぎに福島第一原子力発電所の3号機で水素爆発と思われる爆発がありました。 一号機の爆発よりやや大きな爆発で、屋根が空高く100数十メートルにまで吹き飛ばされて落ちてくるのところが見られました。 この屋根の落ちた場所にはどんな設備があったでしょうか?このことで更なる不具合が出てく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

爆発に関し政府の発表があった。

発表に内容に拠れば、炉心爆発ではないということで、とりあえず最悪の事態には至っていないようだ・・・・。 発表が事実であれば、一安心である。 原子炉の建屋が水素爆発で吹き飛んだという解釈だ。 まあ、そういうことで良かったが、発表が遅すぎていらぬ心配をすることになってしまった。 今後の推移を注意深く見守りたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原子力発電所爆発・・・・・・・!!

最悪の結果なのだろうか・・・・・。 一号機の建屋の外壁が全て吹っ飛んだ・・・・・なんらかの爆発が起きたということなのだ! まさか・・・炉心がやられてしまったのだろうか? その直前に1015マイクロシーベルト/hの放射線が発電所との境で計測されたという。 1015マイクロシーベルト/hとは、通常一年間で浴びる放射線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more