雪道の多い苗場山を断念し、立山へと向かう

苗場山の北西側を登るコースは、我々夫婦にはリスクも多いと判断して登頂を断念したが、下山の判断が速かったので、その日のプランを立て直すことになり、4日の夜に予約を入れてある富山市内の寿司処へ行く都合もあるので、富山方面に行くところを探すことになった。(先月の能登一周ドライブで見つけた富山の寿司処へ行き、予算制限無しの「お任せコース」を頂くことは今回の大きな目的の一つだった)

6月4日のプランとして称名滝へ行くことはすでに決めてあったから、6月3日の開いてしまった午後の過ごし方をどうするかという事なのだ・・・・。

4日の夜の宿も決めていたから、3日の宿を車中から電話で予約するわけだが、そのためには何処へ行くかを決めなくてはならず、当日予約に応じてくれる宿のことも考えねばならなかったが、富山で4日の夜の宿泊を決めているから、必然的に富山市の周辺の何処かに行くほかはなく、候補としては、前回寄り損ねた能登金剛か、称名滝に近い立山に絞ることになり、雪の解け切っていない弥陀ヶ原や室堂周辺を歩くことを選んだと言う訳です。

苗場山自然体験交流センターは500円の追加料金がかかるものの、予約なしの当日宿泊が可能であったため、あえて予約をしなかったことでプランの変更に躊躇もなかったのである。

車中から電話予約を試みた弥陀ヶ原ホテルは当日の予約を快く受け入れてくれたので大日岳を右に見て富山湾を見下ろす絶好の夕日スポットの快適な宿で、思いがけず非常に美味しい夕食と大浴場での入浴を楽しむことも出来た・・・。

下の動画は立山駅の無料駐車場に車を置いて、ケーブルカーで美女平まで登り、そこからバスで弥陀ヶ原~翌日のトレッキング~室堂雪の大谷の動画です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック