国家主導のスパイハッキングの脅威


35年ほど前、日本はPC98シリーズのパソコンが主流であった。

そんな時代からPCでCADを使って仕事をしてきた私だが、現在のようにインターネットが発達していないこともあって、企業の情報保護と管理は主に記憶媒体の管理と盗難防止だけで済む時代であったと思う。

近年そうした情報セキュリティーでは先進国と思われていたアメリカの官庁や軍需産業のネットワークや端末PCがハッキングされて多くの機密情報が中国に盗まれたというような報道を目にしていたが、日本は大丈夫なのか?と思っていたところ、三菱電機が大規模なハッキングを長期間受けていたことが開示された。

その首謀者は中国の機関であることが判っているそうだ・・・・。

そんな昨今だが、此処へ来てその中国が発生源のコンピューターウイルスならぬ本物の新型コロナウイルスが世界に蔓延した。

アメリカ政府が名指しで中国科学院武漢ウイルス研究所がその震源地ではないかと公言するほどなのは、それまでコンピューターウイルスによって米国の軍需産業や国防省が痛手をこうむって来た経緯を考えると、むしろ当然すぎる反応と言えるかもしれない。

現状を俯瞰的に、歴史を見るように考えてみると、一連の流れの中で見ることが出来ようと思うがどうだろう?

つまり、武漢での新型コロナウイルスの発生そのものが中国共産党の仕掛けた世界戦略の大きなドミノ倒しの一局面であるという可能性のことだ・・・。

理由は、中国はこれまで多くの先端技術を含む企業秘密や国防に関するトップシークレットを中国共産党によって特別に訓練された選りすぐりのハッカー集団によってほぼ自由に情報を盗んで来ていたが、アメリカがそのことを公にし、より厳しいネットワークセキュリティー技術によって機密情報の保護に力を入れだしたことから、情報の盗み出しが難しくなってきていたことが前提に在ると考えられる。

しかし彼らは簡単にそれを諦め、そこからの撤退などは全く考えず、どうしたらインターネットを使って自由に敵対する国の機密情報や先端技術情報nの盗み出しを続けられるかを考え、或る方法が候補に挙がり、そして実行に及んだと私は想像した。(想像ですから無責任なものです)

それが新型コロナウイルスを世界にばらまくことだったとする考えです。

これまで全世界の企業の秘密も国家防衛に関する情報も大企業や国防省等のサーバーの外部接続へのセキュリティーを徹底的に強化することで効果を高められていたはずですが、もし中国がこの新型コロナウイルスの特徴を理解し、自国から出る死者に目をつぶり、もしウイルスの出所がバレても、それは事故で流出したものと最後まで白を切ることが準備された上で、武漢の生鮮市場にウイルスに汚染された野生動物を陳列したとしたらどうですか?

結果的に・・・ではなく!中国共産党の目論見通り、全世界に新型コロナウイルスは拡散し、すべての国家でステイホームを発令する他なくなったのです。

企業に属する多くの人々が在宅でホームワークをすることで企業の停滞を防ぎ事業経営被害を最小限に止める努力は自由主義経済では他に選択肢がない程です。

もうお気づきのことと思いますが、大企業の厳重な社内ネットワークセキュティーで守られていた企業秘密も従業員のPCに同じ強度のセキュリティーを完全に施すことができたでしょうか?たとえ可能な限りのセキュリティー対策をしたとしても、数百万~数千万台以上に増えた一般のローカルネットワークに繋がれたPCのセキュリティーを完璧に守ることができるとは想像ができないのです。

世界中がステイホームに傾き、そしてホームワークが爆発的に増えるタイミングを数千人の訓練されれたスパイハッカーが手ぐすねを引いて待ち構えていたのではないかと言う想像を止められません。

そしてこの新型コロナウイルス禍が終焉したとしても、ウイルスが蔓延した状況下でセキュリティーホールを見つけ出されて、従業員の端末PC経由で保護されるべき秘匿の情報が盗みやすくされていたとしたら・・・・・。

それでも多くの大企業は賢明に秘密保持のためにネットワークセキュリティーを再点検し、さらなる企業秘密の盗難を防止すべく努力するでしょう、しかしながら従業員のちょっとした不注意などが原因となって企業のネットワークが誰の目にも平穏に見える状況の中で密かにハッキングされ続けるようなる可能性はゼロにはならないのではないのか?

正に世界的なパンデミックを隠れ蓑に使う計画的なスパイ行為と継続的なハッキングのための基礎作りが、国家レベルで企画されそしてそれが実行に移されたという流れに見えてくるのです。

したがってこれは中国によって企てられた巧妙で残酷な第3次世界大戦と考えられるとは思いませんか?

確かに私の想像ではありますが、単なる高齢者の妄想と笑って否定できるでしょうか?・・・真実は小説より奇なりと言いますからね・・・・。

私がそこまで中国共産党を疑う理由の一つにウイグル人弾圧があります。

1946年、東トルキスタン共和国(新疆ウイグル自治区の前の呼び名)は、政府要人閣僚たちが中国共産党との会議のために北京に向かう際、閣僚たちが搭乗した飛行機が中共軍に撃墜され、東トルキスタン共和国の政府首脳たちの多くが死亡してしまいます。

そしてその混乱に乗じるかのように侵略を開始し中国共産党軍により東トルキスタン共和国は滅亡、中国共産党は東トルキスタン共和国を、 「新疆ウイグル自治区」と、中国の一部であるかのような名前に変えさせてしまったのです。

中国共産党軍は、識者や高い教育を受けた者、指導的立場にあった人々を次々と 反乱分子もしくはその疑いがある者だとして拘束し始めます。
 
その数100万人以上と言われ、元東トルキスタン共和国の人達は、司法手続きを経ずに拷問にかけられ虐殺され、その惨状を国外に知られないために、すべての外国人のその地域への立ち入りを禁止して秘密裏に今も人種を減らすような迫害が続けられているのです。

また、日中戦争の初めの頃には、日本軍の攻撃を遅らせる目的で蒋介石一派の国民軍は、黄河の堤防を爆破し大洪水を起こさせます。事件当時は黄河決潰事件と表記された。中国語では花园口决堤事件(花園口決堤事件)と呼ばれますが、犠牲者は数十万人に達し、農作物に与えた被害も住民を苦しめた。

軍事目的の環境破壊として史上最大とされるが、その時に国民党の自作自演であったことは、1976年になってからやっと関係者が暴露した。
しかも爆破直後に「これを日本軍の仕業として宣伝する」ことまで事前に決められていたのだそうです。

国民軍は共産党の軍ではありませんが中国人の考えというものがよく表れているやり方で、同胞であるはずの同じ中国人を数十万人溺死させ、それを日本軍の仕業にしようとしていたという事なのですよ。そういう事をためらいもなく実行する人達が作っている国ですからね・・・。

彼ら中国政府と共産党にとって武漢での死者など取るに足らないと考えていると思えるような中国人の暴虐ぶりがまさにそこにあり、それは今も全く変わりがないのです。

奴らならそれは朝飯前ではないかとさえ思うのです・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント