イタリアと日本の差はこれかも?


日本では結核の予防目的でBCG注射を行っているが、世界ではすでにやめている国も多く、イタリアとアメリカはそもそもそう言うプログラムが無い。

以下のサイトでそれが解ります。

https://blogos.com/article/446483/

未だ確実に因果関係があると証明されてはいませんが、もしかするとあり得ることですね・・・。

結核で死ぬということは肺をやられて死ぬわけで、BCG予防接種は結核を防ぐため我が国では今も全ての人に接種されます。

しかし、イタリア、アメリカ、はそうした義務のような接種は行われず、スペインやフランス、ドイツなどの国々も今はBCGを止めていたりします。

確定ではないけれど、それらの欧州諸国の人々と日本人ではわずかな感受性の違いがあるのかもしれませんし、感染しても劇症化しにくい、やや軽く済むなどは有るかもしれませんね・・・・。

まあ、そうならそうでありがたいことですが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント