子供に「帰って来るな」と言うべき時


日本は今かろうじて新型コロナウイルスの感染爆発を起こさずにいます。

そんな昨日、東京の杉並区に住む子供から連絡があり、少し暇ができたから帰ろうかな、という事だった。(仕事は映像関係のフリーランス)

久しぶりに帰ってこようかという我が子であるが、私は昨夜おそく「今はやめておけ」と電話した・・・。

帰って来るには電車を乗り次いで2時間半ほどもかかるだろうか?

都内に通勤しなくてはならない人に言わせればたった2時間半の電車内で感染する可能性は少ないと言われそうだし、もっと厳しい状況に人も居るはずだから、考えすぎとも言えるのだろうが、未だ若い我が子は感染しても我々の年代よりはリスクは少ないだろう、しかしもしその電車で感染してしまったとしても、10日~15日も潜伏期間があるはずだから、感染を知らないまま過ごし、我々夫婦に感染が広がることは最悪の場合あり得ることだ。

冷静に最悪のケースを考えるなら、本人も余計なリスクを負うし、我々高齢の夫婦にもリスクは及ぶ・・・・、ちょっと考えればそうしたことも予想できないことではない。

正直なところ、自分の生命の危機を感じているかと言えば、そんなことも無い、むしろ・・・、もしそういう予想が当たってしまったとき、我が子は無事であれば親としてはそれで良いとも思いうが、感染が実際に起きて、私たち夫婦のどちらかか?あるいは両方が肺炎に苦しむことになり、さらに運悪くどちらかが死ぬようなことになれば、我が息子は其の後の生涯に禍根を残すことになるだろう・・・・。
自分が家に戻ったことが原因で親を死なせてしまったという大きな後悔を背負うことになることの方が問題は大きいと感じた。

だから、「今は帰って来るな」と電話したのです・・・・。

その判断、確率的には1/1000以下だと思いますが、私は大事な用事なら仕方ないがそうでないなら止めておいた方が良いと伝えたのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント