PCのスペック・・・・。

昨日書いたBlogでも少し触れたが、PCに高速な動作を求める時に重要な部品は、CPU、メモリー、ストレージなどで、それぞれ高速で動く新しいものが欲しくなるものだ。

昨日のblogでも、主に使うソフトウエアに対する適合性からの選択を書いて、CPUのシングルスレッドの速さが重要になるSolidworksには、昨今インテルのCoreiシリーズを追い越したと言われるAMDのRyzenCPUを選んでも、Ryzenの優れた特徴であるマルチスレッド動作時の処理速度の速さは、あまり上手く活用できないことになるわけです。

2020年の2月という時期で考えれば、AMDのRyzen 9 3950X等はレンダリングやビデオエンコード等ではインテルのCorei9-9900kよりも3割以上の処理速度があるかに見えるから、そういう仕事や趣味のある方なら迷うことなくRyzenを選ぶことが正解と言えるだろう・・・。

ゲーマーや私のようなSolidworks使いならクロックが速いインテルの9900k等を選ぶ方が多少メリットが多いかもしれないのだ・・・・。

しかしながら、PCの動作速度を決めるのはCPUだけではない!実際に体感的な速さは、SSDやHDDなどにアクセスしている時間や、メモリーへのアクセスと処理によって随分違ってくるものだが、これも昔と違って、もともと速い速度のマシンであればさらに良い部品を使っても体感速度はあまり変わってこないのも事実である。

待ち時間が10秒から5秒や2秒に早まる時は感動すら覚えるものだが、0.4秒のタイムラグが0.2秒に、倍も速くなったとしてもさほどの恩恵は感じなくなるという事だ。

つまり0.1秒が0.02秒と5倍も速くなっても、もうほとんど解らないいのである。

今回の私の選んだPCはその点では半ばメーカー任せのビルド・トウ・オーダー(BTO)品だから、メーカーの設定した中では選べるが、完全に部品を指定して組上げる訳ではないので、妥協しなくてはならないこともある。

時間が許せばもっと細かく調べて、自分の使いたい部品だけで組上げてもらえるようなPC工房を探して、スペシャルな1台にするのも楽しいと思うし、嘗てのように自分で組んで仕上げるの面白かろうが、今回は、現状のWS(ワークステーション)の不調からなるべく早く抜け出したいという希望もあって、マウスコンピューターに即納品は無いか?と電話して探してもらったくらいであったから、まあ、10日間の待ち時間なら良しとしたのでありました。

忙しく、時間の足りない中でも、最近の部品のトレンドや基本を押さえるべく少しは調べたから、私の6年ほど前のPCの知識では通用しなくなっているのがすぐに解った。

先ずマザーボードのPCIexpressの規格も、Gen2からGen3となっていて、現在ではGen4がリリースされようとしている時代であったから、選べるならなるべく最新のものを選ぶのが長く使うには良いと思えたが、あと5年私が仕事を続けるかどうかはっきりしないし、未だGen4に準拠したマザーボードが殆ど無く、マウスコンピューターのマザーボードもGen3のIntelZ390チップセットだから2018年の10月に発売されてすでに1年と4か月経つものだ。

Gen4の時代はすぐにやってくるとしても、未だ周辺の部品はGen3に対応させている物が多く、言ってみればGen3時代の終わり頃だから部品自体は枯れてきているので安定していると言えるのかもしれないのだ。

USBの規格も2019年の9月に最大転送速度40GbpsというUSB4.0がアナウンスされたが、それに適合した製品は未だ殆ど無くて、普及は2021年以降になると言われたりしている。

今回チョイスしたM.2のNVMe接続のSSDも、各社からたくさんの製品が出ているが、各社の製品の速度を比較すると同じ高速処理が謳いのNVMeの(Type2280)であっても実測データでは3倍もの速度差があることも解った。

これは、先ほど書いた10秒かかる処理が3秒に短縮すれば感動的であったものでも、それはHDDからSSDに取って代わった時代の事であり、またSATA接続のSSDからM.2NVMeSSDに代わったときの感動も大したものであったのだが、NVMeの高速な製品と、さほどでもない製品の差は0.1秒が0.03秒に短縮された場合のようなもので、体感差はあまり大きくないのである・・・。

それでもかなり高速な部品を組み合わせているマウスコンピューターのDAIVシリーズの中程のグレードの製品だから、2020年の初頭に得られるPCの体感速度としてはかなり速い部類に入り、しばらくはその速さを楽しめるのかもしれない・・・・。

到着してからも自己流のアップグレードをしばらくは続けることになるはずです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント