悠久のうたかた

アクセスカウンタ

zoom RSS オホーツクサーモンとポンテローザトマト

<<   作成日時 : 2017/08/09 10:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年この時期に知床半島のウトロでウニ獲り漁師をしている友人から送られてくる、オホーツクサーモン(カラフトマス)が今年も着いた・・・。
本当に感謝、感謝としか言えないことで、魚の大好きな私には実に有り難い・・・・。



この昔はカラフトマスと呼ばれていたサケの仲間は、シロザケより早く日本の沿岸にやってきて遡上して産卵する・・・。
マスは春に遡上するものが多いので夏遡上するこのカラフトマスも昔は鮭よりずっと早く遡上するのでマスの仲間と認識されたのかもしれない・・・・。

一匹はオスで奥でポリ袋の中にまだ入っているが、手前側にあるのはメスだったので、抱卵していたので卵巣を取り出してイクラの醤油漬けを作った。オスは成熟した精巣があったのですぐに塩焼きにしてレモン汁を振り掛けていただいてしまった。

既に2匹とも捌いて、ほとんどは冷凍庫に保存してしまったが、ムニエルにして食べる予定の分と切り落とした頭部は凍らせず、そのうち頭部は今日焼いて食べた。

頭部を焼いたものも本当に美味しくて、カロリー制限中の私にはもってこいのタンパク質と魚の脂肪を堪能しました。



上の画像は、最近このポンテローザ種と思われるトマトを良く置いてあるマーケットに行って一箱12個入りをまとめて1000円〜1200円程度で買って来るのだが、大きいものでは一個500gほどあるので、朝食にこれを一つ食べると結構なボリウムがあり、昼頃までまったくおなかが空かない。

このトマト・・・昔のトマトのような香りと酸味があって非常に美味しいのです。

それでもしかしたらと思ってWebで調べてみたら、その形や大きさの特徴からポンテローザらしいと解り、やっぱり昔食べたあの香りの強いトマトだと解ったのです。

で、これが私の今朝の朝食でした↓



この大きなトマトがあるので私のカロリー制限はうまく運んでいるように思います、小腹が空いたときもこのトマトを半分に切ってかじるのですが、果物やお菓子のような糖分は非常に少ないので実にカロリーコントロール中の私には強い味方になっています。

あの青臭い香りも、酸味もあってもう最高に美味しいのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オホーツクサーモンとポンテローザトマト 悠久のうたかた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる