悠久のうたかた

アクセスカウンタ

zoom RSS メルセデスの排ガスリコールに思うMAZDAの真摯さ

<<   作成日時 : 2017/07/24 10:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここでメルセデスの不正を私が糾弾しようなどとは思ってはいないが、この機会に、MAZDAがどれだけ真摯にディーゼル排気に向き合って来たかもう一度思い出してほしいと思う。

この表をクリックして拡大してみて下さい。

そして、車種別に区切られている、それぞれをよく見てください。左端が、排気ガスの検査を試験台で計測した時の値です。

そして、市街地や高速道路を実際に走行して計測した結果が色別にそれぞれ車種別に出ています。

フォルクスワーゲンが会社ぐるみで排ガス検査逃れをエンジンの制御プログラムによって隠蔽し続け、米国カリフォルニア州環境保護局の大気資源委員会による走行中試験によってその卑劣な実態を暴かれる結果となったわけだが、その時のフォルクスワーゲン・ジェッタの公道走行時の窒素酸化物(NOx)の排出量は15倍から35倍に達していたと言う事です。

このグラフの右端のトヨタハイエースの走行検査が一番悪い結果を示していますが、台上での検査測定値は乗用車の規制値で見ればの16倍のNOxを実際の走行時には排出していることが解ります。(商用車は甘い基準設定になっているが、人間に対する毒の影響では乗用車も商用車も関係ないし、実際乗用車のデミオの何倍も売れて市中を走っているのがハイエースディーゼルだ)

その他のMAZDA以外の各社のディーゼル車はトヨタハイエース程ではありませんが、それぞれ台上での試験成績に比べるとかなり悪いものです。

一番悪い結果を出したトヨタ・ハイエースディーゼルはデミオXDやCX−5ディーゼルと比較して16倍ものNOx(窒素酸化物)を実際の公道走行中にまき散らしながら走っていると言う事で、これはアメリカのカリフォルニア州環境保護局の大気資源委員会がジェッタの走行試験で計測した15倍〜35倍と言う数値の中に入る値です。

皆さま・・・公平に考えてください。世界を揺るがしたフォルクスワーゲンの排気ガス不正と基準に対する倍率で言えばさほど変わらない数値がトヨタ・ハイエースの排気ガスから検出されたのです。

これはフォルクスワーゲンの不正度合とさほど変わらない倍率レベルなんです。それなのに試験場の台上測定では規制値以下に入るんですよ!(カリフォルニアの規制は日本の規制よりも厳しいからまったく同列に比較することは出来ないが)

しかし、実際の公道で走行すると市街地でも郊外では10倍を大きく超えて規制値を上回り、高速道路でも2倍近く規制値を上回りました。

これはフォルクスワーゲンと同様な不正プログラムの介在を感じさせるものですが、どうして国交省やマスコミはトヨタの不正隠蔽を追求しないのでしょうか?

MAZDA以外の日産、三菱(現日産)、トヨタはどこも不正な状態にあることが解ったのですが、その後どうなりましたか?

マスコミはなぜ黙っているのでしょう?

自動車評論家も、マスコミも、監督官庁の国交省も、国会も!!世界一を争うトヨタ自動車にもフォルクスワーゲンと同様な不正があるのではないかと何故追求しないのですか?

可笑しいでしょう?

どの国の自動車評論家だって自分の国の自動車メーカーを糾弾して国際競争力を失わせたくは無いのは解りますが、あえて攻撃せよとは言わない代わり・・・せめて「ディーゼル排気を真面目に対処しているのは世界でマツダ自動車だけ」と、自動車評論家は大声で言わねばならないはずなんですよ。

排気ガスの試験に際した台上測定では規制値をクリアしてしまうのに、実際の道路を走るとトヨタ・ハイエースディーゼルは16倍もの有毒な窒素酸化物をまき散らすんですよ・・・。

皆さま、どうか知ってください・・・。スカイアクティブDは生まれたばかりの発展途上の技術で、これからも改良されて行くエンジンですが、ディーゼル排気不正が騒がれる前から真面目に本気でディーゼル排気ガスの問題に取り組んでいたのはマツダ自動車なのです。

少なくともこの件が明るみに出るまでディーゼルエンジン車に関していえば「日本で最も悪質なメーカーは世界一を争うトヨタ自動車である」と、このグラフは物語っていると言えませんか?

私が言っているのではありませんよ!国交省が発表したこのグラフが雄弁にそう語っていると私は思います。

皆さま、気づいて下さい・・・・・、本当に誠実な自動車メーカーはどこなのかを。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メルセデスの排ガスリコールに思うMAZDAの真摯さ 悠久のうたかた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる