悠久のうたかた

アクセスカウンタ

zoom RSS 暖機完了後にPM堆積量が減る現象について

<<   作成日時 : 2017/02/26 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回のBlogで、「何が起きているのか?センサーの温度ドリフト的でもあるし・・・何らかの感受性に起因するものだろうとは思うのですが、回転を上げて刺激しないと起きないので、或いは圧力センサのヘッドに堆積したカーボンが吹き飛ばされるなどして起きている物理現象かもしれませんが、未だ良く解りません。」と書いたのですが、あれから少し考えてみました。

始動後の暖気中はチョークと同じで燃料を多く噴射している可能性も高く、また触媒の温度を素早く上げないと排気ガスがクリーンになりにくいから、アフター噴射も多くして触媒の加熱をしているのではないか?・・・そんな可能性もあるだろう?

若しくは始動時にチョーク的に増やした燃料で多く発生させたPMだけでもその直後に処理してしまおうという思想があるかもしれないし、燃費を良くするためにMAZDAもそこを積極的に利用してPDF再生の起きる頻度を減らすプログラムに変更したかもしれない・・・・?

いずれにせよ暖機中はDPF再生時の噴射形態とよく似た状況なのではないか?と考えてみた訳です。

暖機中は回転をあまり上げさせないようにアナウンスを入れ、暖機が終わるころに回転を上げればDPFに溜まっていたPMの表面は更に温度が上がって燃えて2酸化炭素ガスになって無くなるので、DPFの排気抵抗が下がって排気圧力センサーの値が下がるのではないか?

MAZDAとしてはトルクプロの様な表示機でその状況を見せているわけではないのでPMが「今減った」という事をドライバーに知らせてはいない訳で、結果的にトータルでDPF再生サイクルを伸ばして燃費を改善している…と言う事なのではないか?

当たっているかどうか判りませんが、暖機時の噴射形態はDPF再生時の噴射に似ているのは当たっているかもしれません・・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暖機完了後にPM堆積量が減る現象について  悠久のうたかた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる