悠久のうたかた

アクセスカウンタ

zoom RSS 旨い蕎麦に出遭った(画像は無い・・・・)

<<   作成日時 : 2017/02/22 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

実は昨日、家内の友人の母親が亡くなって、住む人が居なくなった住まいを引き払う事になり、後片付けの手伝いに行った。

時間があったので何十年ぶりかにすべて一般道で千葉県の市原市から小平まで走ったのです。

青梅街道を走っていて、昼過ぎになったので上石神井の関町の交差点を少し多摩方面へ過ぎたあたりで「真そば」というのぼりが目に入り、7台停められる駐車場に車を停めて店に入った。

特に期待して入ったわけでも無く、予備知識も全くないただの通りすがりの客として入った店で、私はカツ丼セットを注文し、家内は天丼セットを注文した。

まもなく運ばれてきたそのセットメニューだが、蕎麦がほの緑がかっていて、よく見れば私好みの粗挽きの粒粒感もある蕎麦が何気にセットメニューに付いてきていた・・・・。

これは!?と思って先ずはともかくそばを頂く・・・・。

「何という事だ!・・・私の最も好むところの粗挽きそば粉を使った蕎麦ではないか!!!」

しかも大そうに構えたそば専門店でございます風の奢りもなく、うどんなんかも普通に出すなんでもありの食堂の感さえある店で・・・・。

正直「旨い!!」蕎麦好きの私にはたまらない食感なのだ・・・・。

一気に一人前のそばを平らげてしまった!セットメニューにありがちなやや少なめの盛り、という事もなく普通の一人前は有ったが、あっという間に私の喉を駆け過ぎて行った!!

汁はやや甘めで家内の好みにも私の好みにも合って実に旨かった!全く期待していない店でこんなに旨い蕎麦が・・・、分厚いトンカツのカツ丼とセットになって僅か1100円で食べられるなんて!!

今日はなんて運の良い日なのだろうと本当に嬉しくなった。

店の名前は「尾崎庵」と言います。

近くを通ったら是非立ち寄ってカツ丼セットではなく大盛りの盛り蕎麦でも食べてく見てださい。

まあ、好みの問題もありますが、蕎麦好きなら、裏切られることは無いと思います。

私が大好きな蕎麦でした!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

会社の帰りにちょっと横道それて、行って参りました。頼んだのは「もり」。旨いと言われていたので、薬味は使わず。まずは、そばだけ頂く。そして汁。普通の店構えでしたが、確かになかなか良いそば粉を使っているようです。二八ぐらいかと思います。久々に旨いそばを頂くことができました。汁は、「かけ」と共用して、甘めなのかなと思います。もりは、\600-、味、量からみて、とても安いです。

一応、趣味でそば打ちするので、ちょっとだけ、そばにはうるさいです(笑)。
そばの何たるかを知ることができる本で、片倉康雄「手打ちそばの技術」というのがあります。ちょっと高いですが、そばツウなら読んでみても損はない内容と思います。ここまでやるのかと驚愕の世界でした。
みぽわん
2017/10/24 22:22
こんにちは〜・・・。

私も実は10月15日に行ったのです・・・笑。

新蕎麦が出ていたのですが普通の方を頼んでしまいました。

前回の時よりも細かく挽かれていたような気がしました。でも味のバランスはよく旨かったです。

そうですか・・・私も旨い蕎麦があると聞けば何処までも行ってしまう人間で、その昔SNSが全盛になる前、メーリングリストと言う仕組みでたくさんの蕎麦好きと交信していました。
その中でも、実際の蕎麦打ち職人の話や、素人でも自分でそばを打つ人々の様々な意見や試みを知り、蕎麦を旨く食べるために人はそこまでやるのかと感嘆したものでした・・・・。

片倉康雄氏と言えば翁・達磨の高橋邦弘の師匠ですからその名前も度々メーリングリストに出て来て存じています。

本の値段見て見ましたら確かに高いですね・・・・笑。

蕎麦をご自分で打つのですね・・・、私もやりたかったのですが、家内の制止にこれまでやらずに来ました・・・。やれば私がどこまでやるかを解っている家内はそれが恐ろしかったのでしょうね・・・。

という訳で食べることに徹しております・・・、どこか旨い蕎麦処をご存じあればぜひ教えてください、様々旅行するし、山にも行きますので、立ち寄れれば寄って蕎麦を楽しみたいと思っています。

続く
銀河 遼
2017/10/25 10:31
先日のDPFのお話ですが、貴殿の仰る通りAがHP-EGRでBはLP-EGRであることが解りました。
私が試したのは、家の周りの2〜3kmに満たない程度で有った為、エンジンが温まっていないためにBがHとんど稼動していなかったことが解りました。
確実なこととしてDPF再生に入るとAは全く開きませんから、生ガスで濡れたカーボンをEGR回路に流したくないのは間違いないので、確信出来ました。

未だ峠をハイアベレージで走る様なケースでは試していないため、どんな状況になるか楽しみですが、全開ではAもBも閉じてしまう様なので実に興味深く、楽しみが増えた気がしますね・・・。

こちらからそのことを連絡をしたいと思いましたが、方法が無かったので、コメント頂きホッとしました。もしBlogとか、こちらからコンタクトできるアドレスとかがありましたらお教え頂けると有難いです。

明日は家内と瑞牆山へ行くかもしれません・・・・・。
銀河 遼
2017/10/25 10:44
こんにちは。
やはり、片倉さんをご存じでしたか。お子さんが経営している足利のお店に伺ったことがありますが、繊細な感じのいかにも職人芸的なおそばでした。
そば打ちをやり始めたころは、やたらと打っていましたので、そばの味をよく覚えていて、旨い旨くないが、わかり易かったです。たまに食べるぐらいだと、大したことなくても、案外旨く感じてしまうものです。
結局のところ、どんなに技術があっても、そば粉が悪いと、どうしようもないことを認識しました。汁の方は、つけ汁ならカツオのみの辛汁が良い感じです。それと細打ちの方が、汁の絡みがよく食感が良いです。1〜1.5mm ぐらいの太さが良いですね。蕎麦打ち、始めてみたらいかがですか。実際にやってみた方が、得られるモノは多いです。始めると、しばらくの間、毎日のように蕎麦食べるようになります(笑)。

続く
みぽわん
2017/10/25 11:54
PM Acc を減らすのに相変わらず苦労していますが、高速で中途半端な坂を登ると一気に増えることは、ほぼ確定のようです。1200rpm 前後で、アクセルをあけ気味にした時です。また、1500〜2200rpm の間で、強めに加速するとPM Acc が減少することがあるのも確定です(必ずではないところが痛いです)。銀河さんの予測通り、燃料を多めに吹いて、更にそれが余剰状態になると計算されたとき、減少するということでしょう。暖気後の減少も同じ原理と思います。
瞬間燃費がある程度悪化した時、ギアを下げることで、増加を防げそうな感じがするとのと、1500rpm 以下では、アクセルを踏み込まないという方法で、PM Acc の余計な増加は防げそうです。

yahoo にsafety address を追加しました。ここにアクセスして頂ければ、普段のアドレスをご連絡いたします。
contax4x5-0123456789@yahoo.co.jp

瑞籬山、良いですね。明日はお天気よさそうです。
みぽわん
2017/10/25 12:14
こんにちは〜・・・。

蕎麦打ちは何度も迷ったことが在ります・・・・。

私のコーヒー自家焙煎の記事をお読みになりましたか?ああなることはほぼ確実ですから躊躇います。
殻取りを引く直前にして、石臼を揃えることに結局はなると思いますし、粉を買ってくることでは済まなくなるのは解っているから、手が出せなくなっています。

百歩譲って丸抜き蕎麦を買って粗挽きにするにも石臼でないと熱がかかりすぎる気もするし・・・。やっぱり石臼になると思います。

蕎麦実の良し悪しが問題ならそこでまたどこでそばを得るかで悩むでしょう…結局高橋名人ではないにしろ自家栽培が出来る気候風土の場所が欲しくなる・・・。
コーヒーは日本では育ちにくいため諦めがついてますし、本当に良い豆を得ようとすると物凄く高価になる為、それが救いとなっています。たくさん飲む私は安く美味しい豆を探してきました・・・。

蕎麦は自分で畑を借りて育てることまでやろうとすると出来てしまうのが怖い所です。

仕事がら信州の知人も多く畑を借りることも頼めば可能かもしれませんから、嵌ればそこまで行くことも予想してしまいます・・・・。

で、・・・入るべきか入らぬべきか?迷った末美味しい蕎麦処を捜し歩くお遍路で良いか?と思って来ました。
銀河 遼
2017/10/25 12:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
旨い蕎麦に出遭った(画像は無い・・・・) 悠久のうたかた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる